ちくま文庫<br> 源氏の男はみんなサイテー―親子小説としての源氏物語

個数:
電子版価格 ¥918
  • 電書あり

ちくま文庫
源氏の男はみんなサイテー―親子小説としての源氏物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月24日 07時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 398p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480039705
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0195

内容説明

なぜ『源氏』の男たちはかくまでサイテーか?『源氏』の男たちは、「親子関係」の中でとらえて初めて、その男女関係も理解できるのだ。『源氏』は愛の物語、親子関係と恋愛関係、愛という同じ穴のむじなに生きる人たちの物語である。それは読み手の恋や親子関係に重なって、私たちの心をほぐし開いていく。幸せって何?という問いかけをはらみながら。

目次

第1章 光源氏の家庭環境
第2章 ダメになっていく息子達
第3章 サイテー夫達の右往左往
第4章 娘をもつ父達の物語
第5章 大人になれない第四世代―桐壷帝から数えて
第6章 失われた自分を求めて

著者紹介

大塚ひかり[オオツカヒカリ]
1961年神奈川県生まれ。古典エッセイスト。早稲田大学で日本史学を専攻