ちくま文庫<br> ビーの話

個数:
  • ポイントキャンペーン

ちくま文庫
ビーの話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 05時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 278p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480036926
  • NDC分類 914.6

内容説明

お隣りさんから毎日客人がある。麻布生まれのシティ猫ビー。いつも上機嫌なので、いっときは「『脳内革命』を読んだ猫」と呼ばれていたのだが…。わがまま、マイペースに振りまわされ“いい大人が猫一匹に”と嘆きつつ深みにはまりこむ三人の女たち。猫好き必読の書。

目次

名前はビーだな
「ためながビー」って何のこと?
「きたな通り」、「きれい通り」の猫たち
ほくろちゃんに気をつけろ
男には邪険にできるのに…
やっぱり外が気にかかる
カラスはこわい、しかし外に出たい
もしかしたら、変人?
雪の日だって大丈夫
『脳内革命』を読んだ猫
猫、中年に至れば
人が好き、男の人は特に好き
ヒモにまさる物はなし
猫には猫のジンセイが
キャットフードはシニア用
幸せは偶然の出会いから
天国への道のりは辛い?
たかが猫、されどネコ

著者紹介

群ようこ[ムレヨウコ]
1954年東京に生まれる。日本大学芸術学部卒業後、いくつかの仕事を経て、78年本の雑誌社に入社。その間書いたエッセイが人気を呼び『午前零時の玄米パン』を刊行。84年退社