だいわ文庫<br> この一句―108人の俳人たち

個数:

だいわ文庫
この一句―108人の俳人たち

  • ウェブストアに45冊在庫がございます。(2017年01月20日 19時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479306283
  • NDC分類 911.36

内容説明

「俳句に興味を持って五十年余り、自分でつくり始めて四十数年、今も俳句に遊ぶ私が、好きで選んだ百八人の句である」。芭蕉が江戸時代に蕉門俳句を作ってから現代にいたるまで、百八人の俳人の句を編年体で紹介。社会の変動が俳句に落とす影も読み解く画期的俳句入門書。俳句はこんなにおもしろい!

目次

第1章 江戸期の近世俳人たち―芭蕉が開いた道(松尾芭蕉;井原西鶴 ほか)
第2章 明治・大正の俳句―子規に始まる(正岡子規;夏目漱石 ほか)
第3章 大正から昭和へ―「ホトトギス」「馬酔木」を中心に(山口青邨;水原秋桜子 ほか)
第4章 戦中・戦後―抑圧の日々から表現の自由へ(西東三鬼;渡辺白泉 ほか)
第5章 現代の俳句―前衛俳句から伝統俳句まで百花繚乱(金子兜太;佐藤鬼房 ほか)

著者紹介

下重暁子[シモジュウアキコ]
1959年早稲田大学教育学部国語国文科卒業。同年NHKに入局。アナウンサーとして活躍後フリーとなり民放キャスターを経た後、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧:日本自転車振興会)会長等を歴任。日本ペンクラブ副会長、日本旅行作家協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

松尾芭蕉から現代俳人まで、日本を代表する総勢108名の俳句を編年体に並べて俳句の流れを総覧できる1冊