だいわ文庫<br> 異端社長の流儀―日本を救うマージナル・マン30の教え

個数:
  • ポイントキャンペーン

だいわ文庫
異端社長の流儀―日本を救うマージナル・マン30の教え

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 19時36分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 300p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784479304555
  • NDC分類 335.21

内容説明

いまや「普通の経営」では突破できない時代になった―。大企業で次々に常識を覆す人事がなされ、従来では考えられないような傍流出身の“異端”的経営者が次々と誕生している。ビジネスの世界で上に行くには、どうすればいいのか?仕事の現場で、思考し、格闘し、壁を打ち破る法。

目次

序章 マージナル・マンの時代
第1章 巨大な獲物を取りに行け―異端社長の流儀(三菱重工業・宮永俊一―一度は会社を辞めた「出戻り」営業マン。その奇妙な経歴と仕事の流儀;リコー・三浦善司―「コストカッター」の異名を持つ初の経理畑出身の社長の剛腕;丸紅・國分文也―どん尻での課長昇進からトップに上りつめた男の「稼ぐ力」;東芝・田中久雄―地味すぎる部署から来た異端児が抱く「コスト一兆円削減」の覚悟)
第2章 常識を破り、タブーに切り込め―異端社長の光と影(キヤノン・御手洗冨士夫―八期連続最高益を更新した名経営者。晩節を汚す「再登板」;武田薬品工業・長谷川閑史―しがらみを持たないクールなマージナル・マン。「二兆円を無駄遣いした男」で終わるのか?;資生堂・前田新造―二度左遷されたのちなぜか社長に。沈むブランドをどう立て直すか?)
第3章 他人に合わせて、自分を殺すな―異端社長の勤務評定(富士重工業・吉永泰之―株価は史上最高、米国市場で快進撃。人と違うことばかりする異端児の行動力;ソニー・平井一夫―テレビ事業が垂れ流す赤字地獄を超国際派の新社長が切り開く;日本航空・植木義晴―パイロット一筋から経営者に。「稲盛イズム」で闘い続ける)
第4章 守りから脱して、攻めに転じろ―「両利きのリーダー」5つの力(突破力―情況を切り開くパワー;現場力―現場に立脚した価値観;共感を得る力―周囲から信頼される魅力;信念―揺るがない自信;強運―運を呼び込む力)

著者紹介

有森隆[アリモリタカシ]
経済ジャーナリスト。早稲田大学文学部卒業。三〇年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)