今までで一番やさしい経済の教科書

今までで一番やさしい経済の教科書

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 279p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784478006573
  • NDC分類 330

内容説明

なぜ円高で、日本の景気が悪くなるの?景気が回復しても給料は上がらない?誰にも聞けない、でもこれだけは知っておきたい経済の基本が丸わかり。複雑なテーマを簡略化させて解説している。

目次

第1章 日本経済の話(景気の話;株の話;M&Aの話;物価の話;コンプライアンスの話)
第2章 経済と政策の話(国の政策の話;政府の役割の話;日本経済と日銀の話)
第3章 仕事で使う経済学(マクロ経済学の話;ミクロ経済学の話;マルクス経済学の話)
第4章 グローバル経済の話(為替の話)
第5章 今さら聞けないお金の話(投資の話;株式投資の話;外貨投資の話)

著者紹介

木暮太一[コグレタイチ]
1977年生まれ。千葉県船橋市出身。慶應義塾大学を卒業後、富士フイルム株式会社、株式会社サイバーエージェントを経て、大手出版社に勤務。大学の講義姿勢に疑問を持ち、在学中に「気軽にはじめる経済学シリーズ」(マクロ経済学、ミクロ経済学、マルクス経済学)を自主制作し、大学生協や書店で累計5万部を販売。学問の世界からではなく、時間に追われるビジネスマンの視点から、読んですぐに理解できる本当にわかりやすい参考書の執筆に注力している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「マクロ経済学」「ミクロ経済学」「マルクス経済学」を書き下ろし、10万人の読者を納得させた著者が、経済の基本をやさしく解説!