肺気腫と慢性気管支炎が合体したようなCOPDは肺構造破壊病―健康カラオケ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434152054
  • NDC分類 493.38
  • Cコード C0077

目次

第1章 「健康カラオケ」で、患者さんがどんどん元気になっていく
第2章 COPDは「肺構造破壊病」
第3章 古くて新しい肺の病気 肺炎、肺結核
第4章 食道ガンの原因にもなる「逆流性食道炎」が増えている
第5章 カラオケの腹式呼吸が、健康無病への扉を開く
第6章 深い質のよい眠りが大切
第7章 最先端検査機器が進化し続けている

著者紹介

周東寛[シュウトウヒロシ]
1952年台湾高雄市生まれ。1969年越谷市立北中学校卒業、1972年埼玉県立春日部高校卒業、1978年昭和大学医学部卒業、卒後昭和大学藤が丘病院内科レジデント2年間研修し、同呼吸器内科に入局。同学部兼任講師。医学博士。1986年に自分なりの医療方針をめざして、駅ビル医院「せんげん台」を開院、1990年大袋医院(1966年父親周東茂が開院)を統合し、1990年医療法人健身会設立、翌年理事長に就任。2003年南越谷健身会クリニックを開院し、2008年院長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)