五月の嵐―ドイツ電撃作戦とダンケルク

  • ポイントキャンペーン

五月の嵐―ドイツ電撃作戦とダンケルク

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784422930336
  • NDC分類 209.74

内容説明

第二次大戦冒頭の大作戦を、ハンニバルからサルトルまでを引用しながら語る。戦前生まれの人々には自らの同時代史として、戦後に生まれた人々には今世紀の戦史として、楽しむことができる。また本書を、巨大プロジェクトの物語として見れば、成功と失敗、勇気と誤算の教訓として活かせる。

目次

プロローグ ヴェルサイユの恨み
第1章 歴史の活断層
第2章 西部大攻勢
第3章 ダンケルク
エピローグ そして「ヨーロッパの戦い」は終わった

出版社内容情報

【解説】
1940年5月,ドイツ戦車軍団はアルデンヌの森を通過して西へと快進撃。10日ほどでドーヴァー海峡に達する。英国軍はダンケルクで防戦,背後の海から奇跡の撤退を成功させる。