河合隼雄と子どもの目―“うさぎ穴”からの発信

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

河合隼雄と子どもの目―“うさぎ穴”からの発信

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月24日 16時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784422117096
  • NDC分類 909
  • Cコード C0011

出版社内容情報

1990年にマガジンハウスから刊行された『〈うさぎ穴〉からの発信』の復刊本。

 河合隼雄は、児童文学を自らの生きる指針として読み、こよなく愛した心理臨床家の一人である。
 臨床家としてクライエントと向き合う中で、著者は「たましい」との関係にしだいに深く気づかされていったという。目に見えず、ふれることもできない「たましい」の存在を、曇りなく澄んだ「子どもの目」ははっきりととらえることができる。だからこそ児童文学は、著者にとって生きる指針となりえたのである。

 「たましいの存在について語るのは、ファンタジーという形がもっとも適している」。生き生きとした子どものまなざしは、豊かな感性の輝きを見いだすだけでなく、ときには身近な人の心の中に、言葉にならない深い悲しみをも読み取る。

 1990年にマガジンハウス社から刊行された『〈うさぎ穴〉からの発信』の復刊本。子どものこころに温かく寄り添う、繊細で緻密な臨床家としての視点が、カニグズバーグをはじめ、エンデやケストナー、ギャリコ、また宮澤賢治や今江祥智、長新太、佐野洋子と、ファンタジーから絵本までの多彩な作品を、説得力ある言葉で読み解いてゆく。

 「児童文学は、子どものためだけのものではなく、われわれが生きてゆく上で必要な深い示唆を多く含む。だから、若者や大人たちにこそ読んでほしいのだ」と言う著者に従って、子どもが主人公の物語を、いま一度読み直してみてはどうだろうか。

内容説明

現代人のたましいの危機は、ファンタジーと切り離されたときから始まった。おとなは見ることができなくなってしまったものを「子どもの目」を通して取り戻す。

目次

1(読むこと・書くこと;「うさぎ穴」の意味するもの;児童文学の中の「もう一人の私」)
2(アイデンティティの多層性―カニグズバーグの作品から;少年の内界の旅―『さすらいのジェニー』を読んで;『はてしない物語』の内なる世界 ほか)
3(児童文学のすすめ;小学四年生;子どもの知恵に学ぶ ほか)

著者等紹介

河合隼雄[カワイハヤオ]
1928年、兵庫県生まれ。京都大学教育学博士。京都大学名誉教授。元・文化庁長官。日本の臨床心理学における第一人者。2007年7月19日に逝去。1959年にアメリカへ留学。1962年にスイスのユング研究所に留学し、日本人として初めてユング派分析家の資格を取得。1965年に帰国後、京都大学教育学部で臨床心理学を教えるかたわら、ユングの分析心理学を日本に紹介し、その発展に寄与。1992年、京都大学を退官。1995年、国際日本文化研究センター所長、2002年、第一六代文化庁長官に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

11
羊を羊と呼ぶこと、言葉が現実にある対象を指示する時、言語学では外苑という。一方、羊をライオンと呼ぶこと、言葉が現実にない対象を指示する時、それを内包という。他者と外延記述を共有する意識は現実的であり、個々に異なる内包記述を持つ無意識は想像的/空想的とされる。著者は親から自立を始める10歳の子供に言葉の使用における外延と内包、意識と無意識の葛藤を見つつ、児童文学における「子どもの目」を通して、社会化した大人の現実が単層的になったがゆえに、子供時代には多層的だった現実を抑圧し、心の病が生じる過程を読者に示す。2023/02/13

阪口まな

5
ファンタジーの必要性、父親殺し、いま考えていることがかたちになってきた気がする。自我を確立する時期の子どもたちはもちろん、人間性から乖離した現代の大人たちにもファンタジーの力が必要なのだ。父親殺しの語彙が好きなのだけれども、いま考えるべきは人間関係の喪失か。2023/10/02

清水聖

2
準備中2024/03/11

kungyangyi

1
児童文学と言えるものは、子供におもねて単純なハッピーエンドを用意するような本でなく、時にどうしようもならない現実をしっかり描いたもの、といった文章が印象に残っている。児童文学は、子供だけでなく大人が読んでも面白いもの、とも書いていたと思う。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13927109
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。