タックス・シェルター事例研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

タックス・シェルター事例研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 17時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 397p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784419043353
  • NDC分類 345.1

内容説明

米国では複数の課税管轄や複数国にまたがる租税回避戦略が横行し、その取引全貌をみると税法違反とされる事例も少なくない。米国税務当局は近年濫用的租税回避と戦い、対抗措置の立法化・規則化を進めてきた。本書は、米国における個別事例を税務当局サイドと租税専門家サイドの両者の立場から分析し、タックス・シェルターの類型化を図る。複雑化・高度化する国際的租税回避取引の実態を探るうえで、他に類を見ない視点をもつ研究書。

目次

第1編 タックス・シェルター概論(タックス・シェルターの定義;タックス・シェルターの特性 ほか)
第2編 タックス・シェルターの原理的手法別類型(類型論(その1)―タックス・シェルターを成立させる要素に着目して
類型論(その2))
第3編 タックス・シェルターの手法別類型(総論;コーポレート的手法 ほか)
第4編 タックス・シェルター対抗措置(立法上の対抗措置;行政上の対抗措置 ほか)

著者紹介

本庄資[ホンジョウタスク]
京都大学法学部卒業、経済学博士。国税庁直税部審理室長、国税庁調査査察部調査課長、税務大学校副校長、金沢国税局長、国税不服審判所次長を経て、現在、国士舘大学政経学部教授・同大学院経済学研究科教授/慶応義塾大学大学院商学研究科特別研究教授/税務大学校客員教授

梅辻雅春[ウメツジマサハル]
京都大学経済学部卒業。現職は公認会計士・税理士/朝日KPMG税理士法人パートナー

須藤一郎[スドウイチロウ]
一橋大学商学部卒業。現職は公認会計士・米国公認会計士(カリフォルニア州)/モルガン・スタンレー証券会社税務室エグゼクティブ・ディレクター

出版社内容情報

複数の課税管轄や複数国に跨る租税回避戦略が米国内で横行しているが、取引全貌を見れば税法違反とされる事例も少なくない。本書は、税務当局と租税専門家サイドの両者の視点からの事例研究。