子供を東大に入れる母親のちょっとした「習慣術」

個数:
  • ポイントキャンペーン

子供を東大に入れる母親のちょっとした「習慣術」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 03時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 180p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784396612603
  • NDC分類 379.9

内容説明

受験の神様和田秀樹を育てた家庭の教育哲学。その母が、自身の子育てを丹念に振り返りながら、現代にも通用する「できる子供を育てる母親の行動パターン」を自ら分析。お母さんの行動の“ちょっとした違い”が、子供の学力の“大きな差”をつくる。

目次

序章 親も子供も、しっかりとしたプライドを持つ
1章 「貧しさ」への恐怖を植え付ける―財産のない人間は、「自分の頭」だけが唯一の財産
2章 子供の「健全な負けん気」を育てる―他の子供と違うことを、親が気にしてはいけない
3章 「行儀」と「型」を叩き込む―親は決して子供におもねらない
4章 孟母三遷を厭わない覚悟が子供の「学力」を伸ばす―一二歳までの子供のために親ができることのすべて
5章 子供が問題を抱えたとき、親に何ができるか―自分だけは最後まで味方だと子供に実感させる
終章 子供を信じ抜けてこそ親

著者紹介

和田寿栄子[ワダスエコ]
1930年、大阪生まれ。受験の神様として名高い精神科医・和田秀樹の母親。長男である秀樹を灘中、灘高、東大医学部卒の医者に、年子の次男を東大法学部卒の法曹人に育て上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)