祥伝社黄金文庫<br> 日本史「常識」はウソだらけ

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
日本史「常識」はウソだらけ

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2016年12月08日 03時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 261p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396316280
  • NDC分類 210.04

内容説明

時代劇や小説などで伝えられる日本史の名場面や歴史人物の活躍も、実は伝えられるとおりでないことが多い。歴史上は常識として伝わる「史実」が、実はまっかなウソということもある。史実と思われていた歴史の「真相」は「意外」と「驚き」ばかり。

目次

第1章 歴史の名場面はウソだらけ(聖徳太子は「摂政」になっていない!!;大化の改新の黒幕は別にいた!? ほか)
第2章 女にまつわる歴史はウソだらけ(紫式部は男性に関心がなかった!?;阿野廉子は悪女ではなかった!? ほか)
第3章 江戸の「常識」はウソだらけ(「武士は食わねど高揚枝」はウソ!?;仇討ちに免許状は存在しなかった!? ほか)
第4章 戦国・幕末の「常識」はウソだらけ(「源氏は東国、平家は西国」は明らかな思い違い!?;源平武者の戦い方は、正々堂々ではなかった!? ほか)

著者紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
歴史家・作家。昭和33年(1958)10月、大阪市内に生まれる。昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科を卒業。学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。現在は大学・企業の講師をつとめながら、歴史家・作家として著作活動をおこなっている。テレビ・ラジオ等の番組監修、出演などの依頼も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)