祥伝社黄金文庫<br> やっかいな隣人 韓国の正体―なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
やっかいな隣人 韓国の正体―なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月09日 05時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396315931
  • NDC分類 302.21

内容説明

竹島問題をきっかけに日韓関係は今にも沸騰寸前。日本人には到底理解できない韓国人の複雑な内面を井沢元彦氏、呉善花氏の対論で解き明かす。

目次

序章 竹島が火をつける韓国の「反日」
第1章 日本人に理解できない「反日」の構造
第2章 北朝鮮にすり寄る韓国の不思議
第3章 韓国人に教えてあげたい本当の韓国史
第4章 韓国を苦しめる小中華主義の呪縛
終章 日本はどう向き合うべきか

著者紹介

井沢元彦[イザワモトヒコ]
1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し、報道局に勤務。80年『猿丸幻視行』で江戸川乱歩賞を受賞。以後、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開

呉善花[オソンファ]
1956年、韓国・済州島生まれ。1983年に来日、大東文化大学(英語学専攻)卒業。その後、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)修了。評論家。現在、拓殖大学国際学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)