祥伝社黄金文庫<br> 漱石と歩く、明治の東京

個数:

祥伝社黄金文庫
漱石と歩く、明治の東京

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2017年01月21日 01時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396315757
  • NDC分類 910.268

内容説明

大政奉還の年に江戸郊外で生まれ、明治の終焉を見届けて去った作家・夏目漱石。その足跡と作品でめぐる東京散歩は、近代化のなか苦悩した漱石の人生と江戸から帝都・東京へ急速に変貌した街を知ることでもある。豊富な写真や地図とともに、さあ明治の東京へ。

目次

1章 小石川・白山―江戸・武家地の面影が残る山の手
2章 浅草・両国―幼年期の漱石が育った下町と盛り場の変遷
3章 千駄木・本郷―東京帝国大学と『三四郎』の青春
4章 神田・麹町―橋と鉄道、新時代の交通の要衝
5章 日本橋・京橋―文明開化の象徴となった繁華街
6章 早稲田・神楽坂―漱石が生まれ育ち、漱石山房のあった街
7章 新宿・日暮里・護国寺―拡大していく帝都・東京とその周縁

著者紹介

広岡祐[ヒロオカユウ]
1966年、東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。都内の高校で社会科講師を務めながら、国内外の歴史的建築物・近代産業遺産・戦跡などを探訪、建築文化史の研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文豪が愛した帝都・東京が今、鮮やかによみがえる!夏目漱石の足跡と作品でめぐる東京散歩。写真や地図も豊富。さあ明治の東京へ!

文豪が愛した帝都・東京が今、鮮やかによみがえる!
大政奉還の年に江戸郊外で生まれ、
明治の終焉を見届けて去った作家・夏目漱石。
その足跡と作品でめぐる東京散歩。
豊富な写真や地図とともに、さあ明治の東京へ!

一章 小石川・白山
二章 浅草・両国
三章 千駄木・本郷
四章 神田・麹町
五章 日本橋・京橋
六章 早稲田・神楽坂
七章 新宿・日暮里・護国寺
コラム?@ 東京15区の誕生
コラム?A 東京35区と山の手、下町の変遷
コラム?B 近代化と「お雇い外国人」の活躍
コラム?C 東京の官営模範工場
コラム?D 漱石と子規
本書で紹介した漱石作品
漱石と明治の東京・比較年譜

【著者紹介】
1966年、東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。都内の高校で社会科講師を務めながら、国内外の歴史的建築物・近代産業遺産・戦跡などを探訪、建築文化史の研究を続けている。著作に『建物博物館』(ワールドフォトプレス)、『たてもの野外博物館探見』(JTBキャンブックス)がある。