パーキンソン病のための歌による発声リハビリテーション

個数:

パーキンソン病のための歌による発声リハビリテーション

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784393935644
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0073

内容説明

楽しみながら発声・発話の改善を目指す音楽療法ボイスプログラム=MTVP。

目次

第1章 音楽療法ボイスプログラム(MTVP)の始まり
第2章 パーキンソン病と発声・発話の障害
第3章 発声・発話・歌の科学―音声学と音声治療の視点から
第4章 発声・発話の改善のための音楽療法―これまでの研究
第5章 音楽療法ボイスプログラム(MTVP)の実際(1)―セッションの形態・実施の準備
第6章 音楽療法ボイスプログラム(MTVP)の実際(2)―セッションの構成・実施方法
第7章 音楽療法ボイスプログラム(MTVP)の実際(3)―実施のポイントと応用
第8章 患者さんとご家族に向けて

著者紹介

羽石英里[ハネイシエリ]
東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。国際ロータリー財団の助成にて留学し、カンザス大学大学院音楽教育・音楽療法学科にて、修士号と博士号を取得した(学術博士)。同校で音楽教育および音楽療法に関する講義・実習を担当。パーキンソン病を中心に、高齢者を対象とした音楽療法の実践・研究に携わる一方、音声学・音響学・声楽の専門家と連携して、歌声の研究もおこなっている。昭和音楽大学および大学院准教授。アメリカ音楽療法学会認定音楽療法士。日本音楽療法学会認定音楽療法士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

パーキンソン病は発声困難・コミュニケーション障害を伴う難病。歌うことで発声リハビリをおこなう新メソッドを実践的に紹介。