日弁連ADRセンター双書<br> 金融紛争解決とADR

個数:
  • ポイントキャンペーン

日弁連ADRセンター双書
金融紛争解決とADR

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 14時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 177p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784335320965
  • NDC分類 338.32

内容説明

金融商品・投資商品の多様化により増加する顧客との紛争を簡便・迅速・柔軟に解決するため業界団体が設立した指定紛争解決機関(証券・金融商品あっせん相談センター/全国銀行協会/日本損害保険協会)と、弁護士会の仲裁・紛争解決センターの金融ADRの特徴と手続・運用状況、手段選択のポイントを解説。

目次

第1部(金融ADR制度の概要と弁護士会における金融ADR;証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)における金融ADR
全国銀行協会における金融ADR
日本損害保険協会における金融ADR)
第2部 金融ADR制度の活用と各金融ADR機関の特徴について―パネルディスカッション(紛争解決の手続選択;申立てを受理できないケース;申立て受理後の手続の流れ;あっせん案・和解案等;総括)
第3部 日弁連ADR(裁判外紛争解決機関)センターの金融ADR制度に対する取組みと今後の展望(日弁連ADR(裁判外紛争解決機関)センターについて
金融庁からの協力要請と日弁連ADRセンターの対応
東京三会の金融ADRに対する体制整備
おわりに)