日弁連ADRセンター双書<br> 金融紛争解決とADR

個数:

日弁連ADRセンター双書
金融紛争解決とADR

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 177p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784335320965
  • NDC分類 338.32

内容説明

金融商品・投資商品の多様化により増加する顧客との紛争を簡便・迅速・柔軟に解決するため業界団体が設立した指定紛争解決機関(証券・金融商品あっせん相談センター/全国銀行協会/日本損害保険協会)と、弁護士会の仲裁・紛争解決センターの金融ADRの特徴と手続・運用状況、手段選択のポイントを解説。

目次

第1部(金融ADR制度の概要と弁護士会における金融ADR;証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)における金融ADR
全国銀行協会における金融ADR
日本損害保険協会における金融ADR)
第2部 金融ADR制度の活用と各金融ADR機関の特徴について―パネルディスカッション(紛争解決の手続選択;申立てを受理できないケース;申立て受理後の手続の流れ;あっせん案・和解案等;総括)
第3部 日弁連ADR(裁判外紛争解決機関)センターの金融ADR制度に対する取組みと今後の展望(日弁連ADR(裁判外紛争解決機関)センターについて
金融庁からの協力要請と日弁連ADRセンターの対応
東京三会の金融ADRに対する体制整備
おわりに)