スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング

個数:
電子版価格
¥1,826
  • 電書あり

スラスラ読めるPythonふりがなプログラミング

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月16日 03時59分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784295003861
  • NDC分類 007.64
  • Cコード C3055

内容説明

コードが読めればプログラミングは楽しくなる!!基本をしっかり。目指したのは「究極のやさしさ」。登場するコードに「ふりがな」を。さらに「読み下し文」でフォロー。

目次

1 Python最初の一歩(Pythonってどんなもの?;本書の読み進め方 ほか)
2 条件によって分かれる文を学ぼう(条件分岐ってどんなもの?;入力されたものが数値かどうか調べる ほか)
3 繰り返し文を学ぼう(繰り返し文ってどんなもの?;リストに複数のデータを記憶する ほか)
4 関数を作ろう(関数を作る目的は何?;関数の書き方を覚えよう ほか)
5 ライブラリを使ってみよう(Pythonのライブラリとは?;標準ライブラリから目的の機能を探す ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mattu

19
プログラミング初めてですが、この本とWEBで調べながらですがなんとか理解。読みやすかったです。継続的に学習を続け、使えるようにしていきます。2019/12/03

nbhd

16
当たり前のことを書く。英単語も英文法も知らなければ、英語を読むことができない。と、同じく、プログラミング言語とその文法を知らなければ、ソースコードを読むことはできない。その逆は、プログラミング言語とその文法を知っていると、ソースコードが読める。当たり前のことだけど、Pythonというあたらしい言語を勉強しはじめて、新鮮な感動に浸れている、読める、オレ、読めるぞぉぉぉ、と。この本は、プログラミングの「読み下し文」が丁寧に添えられていて、これが良い。いつか、書ける、オレ、書けるぞぉぉぉ、となれるといいな。2023/09/06

paluko

10
プログラム言語も「言語」にはちがいないからふりがなをふって漢文のごとく読み下して理解しよう、というコンセプトは面白い。が、繰り返し処理のあたりから読み下しに無理が出てくる気がする。コロン(:)一文字で「以下を実行せよ」と読ませたり「以下を繰り返せ」と読ませることになるので。自分的には118頁の「shikin=shikin-5080って何か変じゃないですか?」という話の解説が収穫だった。プログラムでは=が「等しい」の意味ではなく、「代入せよ」という意味になるんですね。文字が大きいのも地味に助かる入門書。2021/05/18

メガネ

9
今流行りの機械学習を少しだけ学びたいと思いPython学習を始めてみました。この本の特徴はプログラムに日本語で「ふりなが」をふり、その意味を理解することに重点を置いている点です。例えば「=」は通常イコール(等しい)という意味で解釈しますが、プログラミングにおいては右辺を左辺に「入れる」という意味で解釈します。このようにプログラムの意味を正しく理解することで、初心者でも途中で頓挫せずに学習出来る点が本書のメリットです。さすがに後半はサンプルコードが長くて難しくなりますが、初心者には良書だと思います。2019/05/28

蛸墨雄

5
一応、読了としておく。まぁ、何度も見ないとさっぱりわからないよpythonというプログラム。一番下は知らないけれどもわかりやすいプログラムだそうだが…。ともかくこのGW中に這えるくらいにはなりたいと思っている。ただ、環境がchromebookなので、linuxでjupyter notebookを用いてpythonを動かしているので、多分様々な本の記述とまるまる同じ操作ではないところが、また、頭使っていい感じやはぁ。この本で言われている「読み下し」って必要かなぁ。分かんないや、かえって。2019/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12926696
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。