明治郵便事始―千葉県における発達史

  • ポイントキャンペーン

明治郵便事始―千葉県における発達史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784289029334
  • NDC分類 693.213

内容説明

1870年(明治4年)に産声をあげた日本の郵便制度はわずか3年で全国に広まった。千葉県・香取市で四代にわたり郵便局長を務めてきた繪鳩家当主が所蔵のコレクションから解き明かす千葉県郵便史の秘話。

目次

第1章 郵便誕生!
第2章 ビックリ、郵便物保護銃!
第3章 房総の郵便事始
第4章 府馬郵便局の歩み
第5章 郵便局のある風景(絵図に見る郵便局)
第6章 市町村史に見る郷土の「郵便創業」の記録

著者紹介

繪鳩昌之[エバトマサユキ]
1930年千葉県生まれ。郵政職員として40年勤務、在職中からPTA活動、町史編纂などにかかわる。退職後は社会教育委員長、選挙管理委員長等を歴任した。現在、千葉県郷土史研究連絡協議会監事、山田郷土史研究会顧問。郵便史研究会および日本郵趣協会会員、香取市文化財保護審議会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)