妻へ、私は貴女に何ができますか―アミロイドーシス・骨髄腫との闘い

妻へ、私は貴女に何ができますか―アミロイドーシス・骨髄腫との闘い

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784286050164
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

二年間の検査でもわからなかった病名が告げられた。“全身性アミロイドーシス”聞きなれない難病。タンパク質の一種が、全身、または局所的にさまざまな組織や器官に沈着し、機能不全を起こす原因不明の難病である。妻は三十年も私を支えた。今度は私が支えるのだ。治療の難しい難病に骨髄腫を併発した妻を支える、男の介護記録。

目次

病名以前(二〇〇六年)
疑わしき病名(二〇〇七年)
アミロイドーシス
戦闘開始
病ゆえの辛さ
帰宅、衰弱
再入院、苦しみ
回復に向けて
神に問う
気持ちの変化〔ほか〕

著者等紹介

村松正男[ムラマツマサオ]
1949年生まれ、栃木県在住。妻の発病を機に日記を書きはじめた。現在も介護の傍ら、日記を書き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。