村上春樹と一九九〇年代

個数:

村上春樹と一九九〇年代

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784273036805
  • NDC分類 910.268

内容説明

九〇年代から“現在”へ。春樹作品が語る、記憶闘争そして倫理。

目次

論文編(一九九五年・震災・オウム;“総力戦”としての長編・中編小説;短編小説の試み;村上春樹ワールドの多面性)
研究史編(『国境の南、太陽の西』;『ねじまき鳥クロニクル』;『スプートニクの恋人』;『アンダーグラウンド』『約束された場所で』;短編小説(九〇年代前半)
短編小説(九〇年代後半)
『神の子どもたちはみな踊る』)

著者紹介

宇佐美毅[ウサミタケシ]
中央大学教授。1958年生。東京学芸大学卒業、東京大学大学院博士課程満期退学。博士(文学)。近代文学成立期の小説表現研究から出発し、その後は村上春樹をはじめとする現代文学を明治期以降の近代小説史に位置づける研究をしている。さらに近年は、テレビドラマなどを含めたフィクション作品と現代文化の関係を研究対象としている

千田洋幸[チダヒロユキ]
東京学芸大学教授。1962年生。東京学芸大学卒業、立教大学大学院博士後期課程満期退学。島崎藤村研究から出発し、その後ジェンダー・スタディーズ、国語教育のイデオロギー研究、ポップカルチャー研究等へと関心を広げる。『F』同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)