国際労働基準で日本を変える―ILO活用ガイドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

国際労働基準で日本を変える―ILO活用ガイドブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 07時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 288,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784272310364
  • NDC分類 366.12

内容説明

遙か遠くに見えたILO(国際労働機関)が、実は働く者の日々の悩み・問題に直接影響する豊かな基準・思想原理をもち、その権限・機能は大きく、さらに親切で優秀なスタッフを多数もっていた―。幾度かのILO本部訪問交流活動や学習会を通して得た発見!無制限の長時間労働や差別を野放しにする「労働法制改悪」が強行可決されたいま、日々の職場や運動が直面する問題解決のためにILOをどう役立てるか、労働弁護士と組合活動家が共同して、テーマ別に関係する条約・勧告を紹介・解説。

目次

プロローグ ILOへの出発
第1部 ILOを知る(激動の20世紀がILOを生んだ;ILOは世界にどう働きかけるか;国際労働基準で日本を変える―ILO条約の批准を進める会の活動)
第2部 ILO活用ガイド(基本的人権を侵す政府・財界の「戦略」;「結社の自由」からすべてが始まる;進歩の成果の公平な分配はおこなわれているか;人間尊重の労働時間と休暇を ほか)