教育新書<br> 入門・科学的「読み」の授業

教育新書
入門・科学的「読み」の授業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 274p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784189188070
  • NDC分類 375.85
  • Cコード C3237

目次

1 今まで国語の授業は生徒の読みの力を有効に育ててきたか(国語教師しろうと論;読めない者は書けない;読みには2つの層がある;芦田恵之助『冬景色』は子どもの読みのちからを育ててはいない;斎藤喜博氏も西郷竹彦も子どもの「読みのちから」をつけることに不充分である;授業で入試テストにも対抗できるか;分析批評はよい意味でだが、軽薄短小の実践である)
2 表層の読みの指導の継続と工夫と技術・読み聞かせを例として(読み聞かせのすすめ;自分のレパートリイとの出会い;作品を自分のものにしてしまう工夫;5分間ごとに読みつぎ、読みつづけていく)
3 読み研方式による、読み方指導(読み研究式とは何か;授業における「読み」とは何か;詩の読みの授業;説明的文章の読みの指導をどうするか)