• ポイントキャンペーン

NHKブックス
「かなしみ」の哲学―日本精神史の源をさぐる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911471
  • NDC分類 121.04
  • Cコード C1312

内容説明

わたしたちは古代から今にいたるまで、「かなしみ」を主題にした歌や物語に慣れ親しんできた。本来厭うべきであるはずのこの感情を積極的に享受し表現してきた日本人の態度から、どのような世界観を引き出すことができるのか。かなしむ「われ」(自分)の中に、日本的美意識や倫理感覚が生まれる瞬間を見定め、かぎりある人間とかぎりのない世界との関係の本質に迫る、日本思想研究の精髄を注ぎ込んだ力作。

目次

第1章 「かなしみ」という問いの原点
第2章 「かなしみ」の力
第3章 「かなし」という言葉の歴史
第4章 他者に向かう「かなしみ」
第5章 神・仏と「かなしみ」
第6章 「われ」という「かなしみ」
第7章 別れの「かなしみ」
第8章 「かなしみ」の表現
第9章 有限性/無限性の感情としての「かなしみ」

著者紹介

竹内整一[タケウチセイイチ]
1946(昭和21)年、長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業、同大大学院博士課程中退。専門は、倫理学・日本思想史。現代に生きるわれわれの思想的課題を、これまでの精神史を掘り起こす中で探求している。2002年から東京大学COE「死生学」プロジェクト研究事業推進担当者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)