NHKブックス<br> カント 信じるための哲学―「わたし」から「世界」を考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
カント 信じるための哲学―「わたし」から「世界」を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 11時51分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911372
  • NDC分類 134.2

内容説明

現代に生きるわたしたちは、ひとそれぞれの主観的な感覚や考えを持つ自由と引き替えに、共有する絶対的な真理を失い、猜疑と孤独に陥るしかないのか。カントは、人間の考える力を極限まで吟味し、絶対的な真理は知り得ないという「理性の限界」を証明した上で、人間に共通する〈普遍性〉を、「わたし」の主観の中に見出した。この「アンチノミー」「超越論的哲学」という方法に注目し、デカルトからアーレントまでの「主観」理解と照らしつつ、『純粋理性批判』をはじめ三批判書を、平易に読み解く。若き俊英が、等身大の「わたし」から説きおこす清新なカント入門。

目次

序章 “ひとそれぞれ”の時代のカント
第1章 近代哲学の「考える力」―合理論と経験論
第2章 理性の限界―『純粋理性批判』のアンチノミー
第3章 「わたし」のなかの普遍性―感性・悟性・理性
第4章 善と美の根拠を探る―『実践理性批判』と『判断力批判』
第5章 カントから考える―ヘーゲル、フッサール、ハイデガー、アーレント
終章 世界を信じるために