• ポイントキャンペーン

NHKブックス
ロックを生んだアメリカ南部―ルーツ・ミュージックの文化的背景

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910719
  • NDC分類 762.53

内容説明

二〇世紀の音楽地図を塗りかえたロックには、アメリカ南部の民衆音楽と過酷な歴史が深く刻まれている。綿花農園で搾取に耐え働いた黒人の唄ブルース、人種差別と闘った有色クレオールや黒人が生んだジャズ、アパラチアの貧困な山人が歌ったバラッド、苦しい日々を慰め、生きる源泉となった宗教音楽…それら全てがエルヴィスの中で衝撃的に焦点を結んだ。絶望的な環境を、愛に満ちた音楽創造のエネルギーに変え、今なお強烈な磁場をもつ南部音楽の原点に迫る異色の文化論。

目次

プロローグ すべてはふたりのキングから生まれた
第1章 黒人音楽はエルヴィスの中に焦点を結んだ
第2章 ブルースマンの悲痛な叫び―ミシシッピー・デルタの混淆から
第3章 都市をゆりかごに生まれたジャズ―ニューオリンズの坩堝から
第4章 ゴスペル 魂の高揚―信仰と教会、そしてアフリカの匂い
第5章 カントリーの故郷はどこか―オールドアメリカへの郷愁
エピローグ 都市という荒野で歌うディラン

著者紹介

バーダマン,ジェームズ・M.[バーダマン,ジェームズM.][Vardaman,James M.]
1947年、米国テネシー州生まれ。ハワイ大学大学院修了。1976年に来日し、いくつかの大学で教鞭を取ったのち、現在、早稲田大学文学部教授。現在はアメリカ南部の総合的研究に取り組んでいる

村田薫[ムラタカオル]
1953年、福島県いわき市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修了。専攻はアメリカ文学。早稲田大学文学部教授。現在は主にアメリカ南部の文化と文学を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)