小山薫堂 幸せの仕事術―つまらない日常を特別な記念日に変える発想法

個数:
  • ポイントキャンペーン

小山薫堂 幸せの仕事術―つまらない日常を特別な記念日に変える発想法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月14日 11時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140815564
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0034

内容説明

映画『おくりびと』、大人気のキャラクター「くまモン」、首都高の事故削減プロジェクト「スマートドライバー」…。時代を動かすヒット作を手がけた著者が、人に支持される商品のつくり方を明かす。ポイントは、日常をちょっとした工夫で面白くし、それにより身近な人を喜ばせようという視点だ。その延長線上に商品の企画があるという。日々、実践できるアイデアの鍛え方から企画実行のコツまで、小山流のユニークな仕事術を大公開。

目次

序章 つまらない日常を特別な記念日に(放送作家とそれ以外の仕事;放送作家とは「咀嚼業」 ほか)
第1章 企画の原点は人を幸せにすること(ユアハピネス・イズ・マイハピネス;タクシーの運転手さんを喜ばせる ほか)
第2章 アイデアのタネは日常の中にある(日常生活の中にあるタネを拾う;人と摩擦が生まれることはチャンスだ ほか)
第3章 「共感」が社会を動かす(会社の受付をパン屋にしたワケ;ウィンウィンの発想を持つ ほか)
第4章 最終目標は人生を楽しくすること(究極の企画は自分の人生を楽しくすること;限界寸前だった『カノッサの屈辱』 ほか)

著者等紹介

小山薫堂[コヤマクンドウ]
放送作家。脚本家。東北芸術工科大学教授。1964年、熊本県天草市生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中より放送作家として活動。『カノッサの屈辱』『料理の鉄人』『世界遺産』など革新的な番組を多数手がける。2008年に公開された映画『おくりびと』で初めて映画脚本に携わり、第60回読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞、第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。