中公新書ラクレ<br> 街間格差―オリンピック後に輝く街、くすむ街

個数:
電子版価格 ¥972
  • 電書あり

中公新書ラクレ
街間格差―オリンピック後に輝く街、くすむ街

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月21日 04時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121506436
  • NDC分類 302.136
  • Cコード C1236

内容説明

「家を買うなら五輪後」とまことしやかに語られる東京23区。しかしこの瞬間、大きな変化はすでに起こっていた!不動産事情に詳しい著者曰く、「働き方改革」に象徴されるライフスタイルの変化に伴い、住まい探しの絶対的価値基準「沿線ブランド」「都心まで○分」が崩壊。街の“拠点化”が進んだ先に新たな格差が露呈し始めたという。湾岸タワマン、団地、観光地―。東京に住むなら、この先やってくる「街間格差」に備えよ!

目次

第1章 2020年以前―何が東京を形作ったのか(東京を形作ったものとは;河川とともに整備された東京 ほか)
第2章 2020年以後―「働く」「暮らす」東京の再発見(激変した「住みたい街ランキング」;なぜ「自由が丘」「下北沢」「たまプラーザ」が順位を落としたのか ほか)
第3章 街間格差―あなたの人生は住む「街」で決まる(「練馬区いじり」の思い出;「23区格差」「駅間格差」から「街間格差」へ ほか)
第4章 輝く街、くすむ街―この区ならあの「街」に住もう(千代田区―磐石なブランドと中途半端さが同居する;中央区―如実な「街間格差」がある区 ほか)
第5章 東京の未来―「住まい探し」から「街探し」の時代へ(「会社ファースト」時代の終わりに;「通勤利便性」が消失した先で何が起こるのか ほか)

著者等紹介

牧野知弘[マキノトモヒロ]
不動産事業プロデューサー。東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)、ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。2006年、日本コマーシャル投資法人の執行役員に就任し、J‐REIT(不動産投資信託)市場に上場。現在オラガ総研株式会社、株式会社オフィス・牧野代表取締役としてホテルや不動産の開発・運用アドバイザリーのほか、事業顧問や講演活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

再開発や新駅設置、湾岸部のインフラ整備など変化の激しい東京23区。「五輪がターニングポイント」と言われるも、その時を待たず「どの街に住むか」で住民が得るメリット・デメリットが大きくなり始めた。今回、街や不動産の趨勢をテーマにしたヒット本を多く手がけた牧野氏が、五輪後に起こる変化を大予想。輝く街とくすむ街を浮かびあがらせる。いわく「働き方改革」に象徴されるライフスタイル激変と続発する相続問題に伴い、住まい探しの絶対的価値基準「沿線ブランド」「駅まで○分」が崩壊。特定の街の「拠点化」が進む先に「街間格差」が表出するという。それが明確化するのが五輪前後で、その動きは既に「住みたい街ランキング」へ現れ始めたと指摘する。ブランド住宅街、湾岸タワマン街、団地、観光地……。
東京で生きるなら、やってくる「街間格差」に備えよ!

牧野知弘[マキノトモヒロ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件