中公新書ラクレ
読売新聞朝刊一面コラム「編集手帳」〈第7集〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121501660
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1295

出版社内容情報

コラムの名手が一瞬の睨みと温かい心で切り取った現代の風景。好評第七集。

内容説明

アテネ五輪で日本人が活躍する一方で、企業の不祥事が世を騒がせ、台風、地震、津波と天災が続く。コラムニストは一瞬の睨みと温かい心で、変動する現代の姿を切り取ります。

目次

7月(ほどほどに;光輪の外側 ほか)
8月(荒武者賛歌;追悼と追想の夏 ほか)
9月(一字違い;マドレーヌに添えて ほか)
10月(すべて「福紙」;イチロー伝説 ほか)
11月(還らぬ旅人;船長は誰に? ほか)
12月(困った冒険;コクトーの予言 ほか)

著者等紹介

竹内政明[タケウチマサアキ]
読売新聞論説委員。1955年、神奈川県生まれ。79年、北海道大学文学部哲学科、宗教学専攻卒、読売新聞に入社。長野支局を経て、東京本社・経済部で財政、金融などを担当。98年に論説委員会に移り、2001年7月から朝刊1面コラム「編集手帳」を担当
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinupon

26
2004年下半期のコラムです。もうすっかり忘れてしまってるな。いろいろな事件がありました。2015/08/31

KAZOO

6
2004年下半期分が収められています。あまり事件がないようなときは、その季節にちなんだ詩歌や本などを話題にしてくれるので、通読してみると結構文学的な部分が多いと感じます。ご本人が書いているように、プロ野球について書くときは大変であろうという読者からの気遣いの手紙があるそうですが、それほどでもないといっておられます。2014/04/25

koishikawa85

2
2004年下半期。アテネ五輪、新潟県中越地震、奈良小1女児殺害事件、プロ野球再編問題など。読売だけに、球団よりの見方をにじませるあいまいな論調。2014/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/737876
  • ご注意事項