中公新書ラクレ
読売新聞朝刊一面コラム「編集手帳」〈第7集〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121501660
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1295

内容説明

アテネ五輪で日本人が活躍する一方で、企業の不祥事が世を騒がせ、台風、地震、津波と天災が続く。コラムニストは一瞬の睨みと温かい心で、変動する現代の姿を切り取ります。

目次

7月(ほどほどに;光輪の外側 ほか)
8月(荒武者賛歌;追悼と追想の夏 ほか)
9月(一字違い;マドレーヌに添えて ほか)
10月(すべて「福紙」;イチロー伝説 ほか)
11月(還らぬ旅人;船長は誰に? ほか)
12月(困った冒険;コクトーの予言 ほか)

著者等紹介

竹内政明[タケウチマサアキ]
読売新聞論説委員。1955年、神奈川県生まれ。79年、北海道大学文学部哲学科、宗教学専攻卒、読売新聞に入社。長野支局を経て、東京本社・経済部で財政、金融などを担当。98年に論説委員会に移り、2001年7月から朝刊1面コラム「編集手帳」を担当
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

コラムの名手が一瞬の睨みと温かい心で切り取った現代の風景。好評第七集。