中公叢書<br> 日本の原子力外交―資源小国70年の苦闘

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公叢書
日本の原子力外交―資源小国70年の苦闘

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年09月19日 14時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120050848
  • NDC分類 539.091
  • Cコード C1021

内容説明

戦後日本は乏しい資源を補うために核技術を求め、一九五五年の日米協定によって原子炉・核燃料を導入する。だが軍事転用の疑念から規制をかけられ、七四年のインド核実験以降、それは二重三重に強化された。日本は同様の問題を抱える西欧諸国と連携してアメリカと向き合い、一〇年近い交渉によって説得。福島原発事故後は、国際的信頼の回復に苦心する。本書は平和利用と核不拡散を両立させてきた日本の原子力外交の七〇年に及ぶ軌跡を追う。

目次

序章 国際政治と日本の原子力外交
第1章 原子力の導入へ―一九四五~六四年
第2章 平和利用への一本化―一九六四~七〇年
第3章 インド核実験の衝撃―一九七〇~七六年
第4章 迷走のアメリカ、日欧の説得―一九七六~八二年
第5章 相次ぐ事故と日米協定の改定―一九八二~九二年
第6章 冷戦崩壊後の積極的関与―一九九二~二〇一一年
第7章 3・11以後の混乱―二〇一一~一七年
終章 日本に課せられた役割

著者等紹介

武田悠[タケダユウ]
広島市立大学国際学部専任講師。1982年岡山市生まれ。2005年筑波大学第三学群国際総合学類卒業。11年筑波大学大学院人文社会科学研究科国際政治経済学専攻修了。博士(国際政治経済学)。日本原子力研究開発機構、外務省外交史料館、神奈川大学、成蹊大学などを経て現職。専門は日米関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

戦後日本は乏しい資源を補うために核技術を求め、1955年の日米協定によって原子炉・核燃料を導入する。だが軍事転用の疑念から規制をかけられ、74年のインド核実験以降、それは二重三重に強化された。日本は同様の問題を抱える西欧諸国と連携してアメリカと向き合い、10年近い交渉によって説得。福島原発事故後は、国際的信頼の回復に苦心する。本書は平和利用と核不拡散を両立させてきた日本の原子力外交の70年に及ぶ軌跡を追う。

まえがき
序 章 国際政治と日本の原子力外交
第1章 原子力の導入へ――一九四五?六四年
第2章 平和利用への一本化――一九六四?七〇年
第3章 インド核実験の衝撃――一九七〇?七六年
第4章 迷走のアメリカ、日欧の説得――一九七六?八二年
第5章 相次ぐ事故と日米協定の改定――一九八二?九二年
第6章 冷戦崩壊後の積極的関与――一九九二?二〇〇一年
第7章 3・11以後の混乱――二〇一一?一七年
終 章 日本に課せられた役割あとがき

武田 悠[タケダユウ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件