• ポイントキャンペーン

新潮選書
自爆する若者たち―人口学が警告する驚愕の未来

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784106036279
  • NDC分類 334.3
  • Cコード C0330

内容説明

団塊の世代のように突出して数が多く、居場所のない「ユース・バルジ」。この指標を手がかりに、暴動と人口の「隠れた法則」をあぶりだす。イスラム自爆テロの本質は何か、中国は危険なのか、アメリカの覇権の行方は?さらに、魔女狩りや大航海時代、日本の戦後復興など、世界史の特異な現象をも読み解く。海外ニュースが全く違って見えてくる知的興奮の書。

目次

1 古くて新しい世界敵―ユース・バルジからの過剰な若者たち
2 若者たちはどこに住んでいるか?
3 人口統計に見る征服者の出自とヨーロッパの世界征服という「奇蹟」
4 超大国の昨日と明日―若者の増加と厳格な所有権構造
5 ユース・バルジと国境なきテロリズム
6 入れてもらえる者、もらえない者

出版社内容情報

ムンバイのテロは、政治・宗教問題が原因なのか?! 誰も指摘しなかった自爆テロの本質。
テロは、本当に民族・宗教・貧困のせいなのか? マスメディアに刷り込まれた常識を疑え! 25歳未満の「居場所のない若者」が増加し続けると、人口グラフではその年代だけが異様に膨らんでみえる。これが、危機のサイン「ユース・バルジ」だ――。人口データに注目すると、テロの本質がクリアに分かる。