人間自身―考えることに終わりなく

個数:

人間自身―考えることに終わりなく

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月25日 14時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 157p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784104001095
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

「人は病気で死ぬのではない。生まれたから死ぬのだ」。池田晶子の珠玉の哲学エッセイ最終巻。

目次

自殺のすすめ
核の行方
国家の品格
大御心と私たち
生死は平等である
奇跡のほんとう
お釈迦様でも
なりものが好き
男女は平等である
億万長者の責務〔ほか〕

著者紹介

池田晶子[イケダアキコ]
1960年東京生まれ。文筆家。慶応大学文学部哲学科卒業。専門用語を使わず、哲学するとはどういうことかを日常の言葉で語る「哲学エッセイ」を確立した。2007年2月23日、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人は病気で死ぬのではない。生まれたから死ぬのだ。
生きて死ぬ、我々の存在の不思議を生涯考え、日常の言葉で問い続けた哲学の巫女が、死の直前まで綴った「週刊新潮」人気連載の単行本化、完結編。