• ポイントキャンペーン

小説以外

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103971061
  • NDC分類 914.6

内容説明

世の中には、二種類の人間がいる。物語を愛する人(読書家)と、物語に愛された人(小説家)。稀に両者を兼ね備えた人間が産まれるが、年間2000枚の原稿を書き、200冊の本を読む恩田陸はその典型と言えるだろう。あらゆるジャンルで活躍する現代の語り部は、どんな本を読み、どんなふうに原稿を書いてきたのか?デビューから14年分のエッセイを集大成し、作家・恩田陸の秘密に迫る。文字通り「小説以外」のすべてが分かる、ファン必携、恩田陸解体全書。

目次

春は恐怖の季節。
「恐怖」ということ
百組の「ロミオとジュリエット」
憂鬱な音楽
東京の隙間
本格推理小説作家への道
入口探し
女性の間に格闘技が流行る!?
『日本文化』という不思議
…AND MUCH,MUCH MORE〔ほか〕

著者紹介

恩田陸[オンダリク]
1964年、宮城県生れ。早稲田大学卒。92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。活字でしか味わえない恐怖と、活字でこんなことが出来るのかという感動を同時に与え、注目を浴びる。ホラー、SF、ミステリなど、既存の枠にとらわれない、独自の作品世界で沢山のファンを持つ。2005年、『夜のピクニック』で、第26回吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞を受賞した

出版社内容情報

デビュー以来15年にわたる「小説以外」の活動を1冊に集約。読書遍歴、子ども時代、デビュー前夜etc.
恩田陸のすべてが分かる、決定版・恩田陸大事典。