• ポイントキャンペーン

一枚の白いシャツ―男、45歳からの服装術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103292616
  • NDC分類 593.8

内容説明

“粋”を知り尽くした敏腕TVディレクター初のエッセイ集。

目次

第1章 ワードローブの組み立て方(反合理主義的服装術―一番の基本は白いシャツ;背広と色気―中年過ぎた男の背広について;灰色と黒と白―コートについて考える;愛と哀しみのネイビーブレザー ほか)
第2章 端正な男であるために(ゴッド・ブレス・アメリカ―反逆のレジメンタルストライプ;フレンチ・フィルム・ノワールの男たち―地下室のメロディー;グルーミングについて―床屋とウィスキー・ソーダ;雨の日のジントニック―春のレインコート ほか)
特別対談 河毛俊作×佐藤浩市(俳優)“男の色気”は無駄から生まれる
最終章 最後の一着―あとがきにかえて

著者紹介

河毛俊作[カワケシュンサク]
1952年生まれ。慶応義塾大学を卒業後、フジテレビに入社。「抱きしめたい!」、「沙粧妙子・最後の事件」、「ナニワ金融道」、「ギフト」、「きらきらひかる」、「救命病棟24時4」、「パンドラ」(WOWOW)など数々のドラマを演出。映画監督作品に「星になった少年」がある。ファッションに造詣が深いことでも知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)