• ポイントキャンペーン

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103051718
  • NDC分類 783.7

内容説明

1992年夏、星陵VS明徳義塾。「怪物」松井との勝負を避け勝利した明徳義塾に、全国から非難の声があがった。「高校生らしくない」「卑怯もの」―。「あの試合」から始まったそれぞれの葛藤。その後、両チームの球児たちはどのような思いを胸に、どう人生を歩んでいったのか、彼らのその後の軌跡を丹念に追う。

目次

第1章 失望
第2章 誤解
第3章 前夜
第4章 伝説
第5章 挫折
第6章 沈黙
第7章 真相

著者紹介

中村計[ナカムラケイ]
1973(昭和48)年、千葉県船橋市出身。同志社大学法学部卒。スポーツ新聞記者を経てフリーライターに。野球取材をメーンに活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

’92年夏、”怪物”との勝負を避けた明徳義塾に全国から非難の声が上がる。15年を経て吐露された心情とは?球児たちのその後の軌跡を丹念に追う。