バッハ全集 〈第12巻〉 チェンバロ曲 2

個数:
  • ポイントキャンペーン

バッハ全集 〈第12巻〉 チェンバロ曲 2

  • 価格 ¥23,039(本体¥21,333)
  • 小学館(1998/07発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 426pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 237p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784096120125
  • NDC分類 762.34

出版社内容情報

バッハ音楽のミクロコスモス(小宇宙)ともいうべき《平均律》をはじめ《イタリア協奏曲》、《ゴルトベルク変奏曲》など名曲を収録。解説は磯山雅氏。他に東山清一氏、ロバートヒル氏ら内外の書き下ろし論文を掲載。

 バッハ全集第11回配本は「チェンバロ曲(2)」です。この巻にはバッハの鍵盤音楽の中でもその代表作ともいえる《平均律クラヴィーア曲集》BWV八四六?八九三、《イタリア協奏曲》BWV九七一、《ゴルトベルク変奏曲》BWV九八八などが収録されています。これらの曲はピアノで弾かれることも多く、広くコンサート会場で親しまれている名曲です。また、バッハが十代の時に作曲したとされる愛すべきカプリチョBWV九九二《最愛の兄の旅立ちに寄せて》が収められています。演奏はヴァルヒャ、ギルバート、ピノックと3人の名手による競演です。書籍の方は、チェンバロの巻のしめくくりにふさわしい陣容で、概説を礒山雅氏。そして「バッハと《平均律》」を東川清一氏、「《ゴルトベルク変奏曲》の背景」をロバート・ヒル氏他に、富田庸氏、渡辺順生氏。カラー特集に「バッハと音楽と数学」佐々木力氏。エッセイに園田高広氏。熊本マリ氏。他に「バッハ・ボワロー・カント」を佐々木健一氏。「音楽と数学」を浪川幸彦氏と力作原稿が続きます。連載には中村雄二郎氏、高階秀爾氏、小林義武氏。バッハのチェンバロ音楽を十分におたのしみください。