とまり木

個数:
電子版価格 ¥1,792
  • 電書あり

とまり木

  • 提携先に25冊在庫がございます。(2019年05月20日 14時19分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 364p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093865289
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

幼い頃に両親を亡くし、孤独に生きる青山伊津子と、死んだ姉と常に比べられ母親に否定されつづける少女・小林美羽。たび重なる不幸に耐えかね、二人は自らの命を絶つことを思い立つ。交わらないはずの二人の人生は、この世でもあの世でもない「ある場所」で交差して…。彼らに聞こえた天からのメッセージとは。

著者等紹介

周防柳[スオウヤナギ]
1964年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。2013年『八月の青い蝶』で第26回小説すばる新人賞を受賞してデビュー。同作は2015年に第5回広島本大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「生きてて、よかった」心が潤う感動の名作

幼い頃に両親を亡くし、親戚に引き取られた青山伊津子。自分の居場所を必死で見つけて生きる伊津子だったが、行く先々で不幸な出来事に見舞われてしまう。一方、死んだ姉と常に比べられ母親に否定されつづける少女・小林美羽は、ひどいアトピー性皮膚炎のせいで学校でいじめられていた。たび重なる不幸に耐えきれなくなった二人は、それぞれの場所で自らの命を絶つことを思い立つ。交わってはいけないはずの二人の人生は、この世でもあの世でもない、〈ある場所〉で交差する。
一度は諦めた「生きる」ということ。不思議な場所との出会いを通じて、もう一度「生きる」ことにした二人の人生は……。
壮絶な人生を生きる人が、自らの人生を終えようとするとき、彼らに聞こえた天からのメッセージとは。心が潤う感動の長編小説。

【編集担当からのおすすめ情報】
いじめ、虐待、セクハラ、報われない恋、傷つけられたプライド、気が遠くなるほどの孤独、かなわない夢――。誰しも一度は「死にたい」と思うほど、寂しくて辛い気持ちになったことがあるのではないでしょうか。この本は、そんなあなたに届けたい一冊です。現代の日本の自殺未遂者の数は、自殺者の数を何倍も上回るといいます。鳥が羽を休める「とまり木」のような場所が、この世界には本当にあるかもしれません。
与えられた命を生きる、ということがどういうことかを考えさせられるこの物語。最後には登場人物それぞれの人生が走馬灯のように思い出され、涙が出ます。心落ち着くときに、ぜひ読んでいただきたいです。

周防 柳[スオウ ヤナギ]
著・文・その他