集英社文庫<br> 聖徳太子〈2〉

個数:

集英社文庫
聖徳太子〈2〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月21日 23時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 543p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784087480436
  • NDC分類 210.33
  • Cコード C0195

内容説明

蘇我氏の根拠地・飛鳥を離れ、都を新天地・小懇田へ遷した聖徳太子は、いよいよ政治改革に着手した。天皇を中心とした強力な律令・文化国家の建設を―。その太子の夢は、冠位十二階と憲法十七条の制定となって実を結ぶ。太子の理想国家像の結晶とも言うべき憲法十七条を、「五重塔的構造」で解釈するなど、暫新な視点からその思想の真髄に迫る。

目次

第2部 憲法十七条(江戸時代の太子批判;崇峻帝の暗殺と女帝の誕生;国際政治家への第1歩;三国同盟と日本の立場;小墾田遷都と政治の革新;十七条憲法の思想)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

井月 奎(いづき けい)

37
十七条憲法をつぶさに読み解くこの巻は圧巻です。仏教や儒教を基本にして聖徳太子の理念を知らしめるための条文としたこの憲法は、太子の高潔な人格と為政者としての高い理念がほとばしります。しかしだからこそ太子は孤独に陥り、その血脈は立たれるのだと梅原猛は言います。それは悲しい真実でしょう。民を苦しめることを禁ずる条文があります。太子の息子の山背大兄王は民に苦しみを与えないために自死を選びます。それは太子の意志を守ったのだと思うのです。聖徳太子の清廉なる魂をわずかでも感じて、わずかでも心に留めたいと感じた読書です。2020/04/10

ふぃすか

10
十七条憲法と十二階に関する考察がとても興味深い。太子が抱いていた理想だったんだろう。でも<正しい>ということは決して<優しい>ことではない。どこまでも正しく生きようとする人は孤独だろう。孤独を厭うならどこかで妥協しなくてはいけない。正論を打つ人は敬遠されるのが常であるから。太子の理想とする国家は人が人である限り実現しないだろう。老子が言うように自覚的な行為は真なるものではないかもしれないけど、生まれつき徳の塊みたいな人なんてそういるわけがなし、人間は自覚するところがはじめの一歩だろ?という気がする。2003/05/19

鈴木貴博

4
第二巻。史上の太子評価の変遷、崇峻天皇弑逆事件の考察、朝鮮三国と隋帝国を巡る国際関係の動きと最初の隋への使節の派遣、小墾田遷都の意味するものとその場所、そして逐条検討を含む十七条憲法の考察。引き続き日本政治と太子を国際社会の動きの中に位置付けて見ていく手法に、従来の定説を覆す考察は刺激的で面白い。日本史全体に通底し、そして今にも通じる日本の文化、国柄を見通した十七条憲法の内容に改めて驚く。2020/10/31

Tai

3
十七条憲法を紐解き構造を明らかにし、聖徳太子の思考に至る展開、予想外にドラマティックで驚いた。 スサノオですら天皇の命に従わないと流罪になる、日本の礼はデモクラティック。聖徳太子はあの時代に民主的な思想を持っていた。 和と智が循環的な構造の中でつながっている事、和合で物事を決めていくことは、他者の言う事をそのまま受け入れるのではなく、合議によって検討する事で理を見出す事、和には智の研鑽が必要な事、太子が求める和には力強さがある。 2019/03/04

ひろ

0
聖徳太子は実在してほしい。古事記・日本書紀の内容がある程度事実に基づいているという作者のかんがえに賛同します。2013/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/195291

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。