• ポイントキャンペーン

試したくなる。おいしいワインに出会う本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784072988381
  • NDC分類 596.7

内容説明

孤高のワイン評論家が「ふつうの言葉」で語る今までにないワイン指南書。基準が変わる発想が変わる!ワインを楽しむための新常識。

目次

1 基本編(1)―飲んでみたい味の傾向でワインを選ぶ(ワインの味は4本の支柱からできています;「しっとり」味と「くっきり」味、どちらの味を飲んでみたい? ほか)
2 基本編(2)―好みのキャラクターでワインを選ぶ(人がそれぞれ個性をもつようにブドウにも性格があります;カベルネ・ソーヴィニヨン ほか)
3 応用編(1)―料理とワインに共通するカタチを知ること(ワインの「味」のとらえ方には、甘・塩・苦・酸・旨以外にもカタチとしての「味」があります;空を飛ぶものは上に行き、地をはうものは下に行く―味のカタチ(1) 重心 ほか)
4 応用編(2)―かけがえのないその瞬間を大切にするワイン選び(四季別ワイン;時間帯別ワイン ほか)
5 実践編―見比べて、試してみよう。今日の目的ワインを探す(百貨店で買う;スーパーで買う)

著者紹介

田中克幸[タナカカツユキ]
食とワインの評論家。1962年、東京・日本橋生まれ。ニューヨークの外食企業の取締役を経て、日本の一部上場外食企業でマーケティングを担当し、その後執筆・講演活動に専念。2014年現在、「WINE‐WHAT!?」誌執筆主幹、文京学院大学ワイン文化論担当非常勤講師。日本橋浜町ワインサロンでワインファンに向けたセミナーを定期的に開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

孤高のワイン評論家が「ふつうの言葉」で語る。今までにないワイン指南書。人生にくつろぎと、刺激をくれるワインに出会う道しるべ。