講談社文庫<br> 嶽神伝 血路

個数:
電子版価格 ¥619
  • 電書あり

講談社文庫
嶽神伝 血路

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月21日 00時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 444p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065132142
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

武田晴信、後の信玄は芦田氏の居城龍神岳城を武田の陣営にするため策略を練り乗っ取りを図る。その落城に紛れ、山の者“七ツ家”の手により嫡子である幼子が忽然と消え、武田の忍者“かまきり”との死闘が始まる。傑作ノンストップ時代アクションシリーズエピソード1始まりの書。

著者等紹介

長谷川卓[ハセガワタク]
1949年、神奈川県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻修士課程修了。’80年、「昼と夜」で第23回群像新人文学賞受賞。’81年、「百舌が啼いてから」で芥川賞候補となる。2000年、『血路 南稜七ツ家秘録』(改題)で第2回角川春樹小説賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

武田の暗殺集団「かまきり」と山の者の集団「七ツ家」の壮絶なる死闘を描く歴史時代伝奇小説の最高傑作。第二回角川春樹小説賞受賞!武田晴信(後の武田信玄)は芦田氏の龍神岳城を武田の陣営としようと画策していた。甲斐から諏訪に出るには龍神岳城を通らなければならないのであった。山の者「七ツ家」と武田の最凶暗殺殺人集団「かまきり」との死闘をが始まった。

長谷川 卓[ハセガワ タク]
著・文・その他