講談社ラノベ文庫<br> 揺り籠の悪魔と零のマリア

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
揺り籠の悪魔と零のマリア

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 19時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784063753752
  • NDC分類 913.6

内容説明

万物に干渉する万能エネルギー素子『エーテルゲノム』と『反応回路』を操り魔力にも似た力を使う『異人』と、人間が共存する世界―東雲龍太郎はある日、異人である『サキュバス』に襲われ死に瀕した。そこに突然現れた別の異人・アリアに救われた龍太郎は、彼女に刻まれた『贄の烙印』によって人外の戦闘力を得る―アリアと過ごす日々のなか次第に心通わせた龍太郎は、アリアの親友・エリオナを救うため共に戦うことを決意する―しかし敵は通常の人間では相手にすらならない強大無比たる異人『吸血鬼』であった!はたして龍太郎とアリアは生き残れるのか?そしてふたりに襲いかかる陰謀の正体は!?第3回講談社ラノベ文庫新人賞・佳作受賞の新鋭登場!

著者紹介

穂村健人[ホムラケント]
1991年生まれ。静岡出身。第3回講談社ラノベ文庫新人賞にて佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人間と「魔力」を使える異人(ネイバー)が共存する世界。東雲龍太郎は異人に襲われ辛くも生き残る。その為に彼が得た「力」とは!?

万物に干渉する万能エネルギー素子『エーテルゲノム』と『反応回路』を操り魔力にも似た力を使う『異人』と、人間が共存する世界――東雲龍太郎はある日、異人である『サキュバス』に襲われ死に瀕した。そこに突然現れた別の異人・アリアに救われた龍太郎は、彼女に刻まれた『贄の烙印』により人外の戦闘力を得る。アリアと過ごす日々のなか次第に心通わせた龍太郎は、彼女の親友を救うため共に戦うことを決意。しかし敵は人間では相手にすらならない、強大無比たる異人『吸血鬼』であった! はたして龍太郎とアリアは生き残れるのか?