講談社文芸文庫<br> 鳥の水浴び

個数:
電子版価格 ¥1,617
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
鳥の水浴び

  • 庄野 潤三【著】
  • 価格 ¥1,815(本体¥1,650)
  • 講談社(2015/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 17時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062902656
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「夕べの雲」から35年。子供たちは家庭を持ち、孫たちの成長を慈しむ夫婦二人の穏やかな暮らしを綴る著者のライフワーク長編小説。名作『夕べの雲』から三十五年。
時は流れ、丘陵の家は、夫婦二人だけになった。
静かで何の変哲もない日常の風景。
そこに、小さな楽しみと穏やかな時が繰り返される。
暮らしは、陽だまりのような「小さな物語」だ。
庄野文学の終点に向かう確かな眼差しが、ふっと心を温める。
読者待望の、美しくもすがすがしい長篇小説。

庄野 潤三[ショウノ ジュンゾウ]
著・文・その他

内容説明

名作『夕べの雲』から三十五年。時は流れ、丘の上の家は、夫婦二人だけになった。静かで何の変哲もない日常の風景。そこに、小さな楽しみと穏やかな時が繰り返される。暮らしは、陽だまりのような「小さな物語」だ。庄野文学の終点に向かう確かな眼差しが、ふっと心を温める。読者待望の、美しくもすがすがしい長篇小説。

著者等紹介

庄野潤三[ショウノジュンゾウ]
1921・2・9~2009・9・21。小説家。大阪生まれ。大阪外国語学校在学中、チャールズ・ラムを愛読。九州帝国大学卒。1946年、島尾敏雄、三島由紀夫らと同人誌を発行。教員、会社員を経て小説家に。55年、「プールサイド小景」で芥川賞受賞。57年から1年間、米国オハイオ州ガンビアのケニオン大学で客員として過す。60年、『静物』で新潮社文学賞、66年、『夕べの雲』で読売文学賞、71年、『絵合せ』で野間文芸賞を受賞。芸術院会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

刳森伸一

3
『夕べの雲』から始まる(よね?)山の上シリーズの5作目(らしい)。『夕べの雲』と異なり主人公も一人称となり、完全に私小説となった。日常の些細な出来事が矢継ぎ早に描かれる。良いところもあるけれど、日記的な記述が多く、『夕べの雲』に比べると退屈だった。2018/09/24

みなず

3
あらまぁ、とか、良かったねぇ、とか、そんなに心配されなくても大丈夫、など、つい一人ごちながら、一気読み。孫の結婚、私の履歴書の連載など、うれしくて喜ばしい出来事満載。心暖まる解説も、良かった。『山の上シリーズ』を五月雨的に読んできた私としては、これで完結。『ありがとう』。2015/11/14

笠井康平

0
ずーっと書ける方法の発見2019/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9317679

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。