講談社文庫
濃い人々―いとしの作中人物たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 218p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062738088
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

『ルーシー・ショー』のルーシーのドタバタぶりに目をみはり、『夫婦善哉』のダメ亭主に尽くす蝶子をみては、他人のお金をあてにする生活を夢見たことを自省。また、酔っぱらい作家・ブコウスキーの“くそったれ”人生には喝采をおくる。古今東西の達人たちが描いた作中人物を語る、群節全開の痛快エッセイ。

目次

谷崎潤一郎『台所太平記』―お手伝いさんのいる生活
林芙美子『放浪記』―二人の芙美子
チャールズ・ブコウスキー『死をポケットに入れて』―クソったれ野郎の老人力
ルシル・ボール「ルーシー・ショー」―行間で笑わせる大女優
五所平之助「猟銃」―死滅したのか、男道
カーソン・マッカラーズ『結婚式のメンバー』―「いらだち」から卒業する時期
織田作之助『夫婦善哉』―他人のお金で生活できない性分
小津安二郎「出来ごころ」―日本人の精神がだんだん溶けていく
岡本かの子『食魔』―男の料理はすごいけど…
映画版「黒蜥蜴」―いやだと思うものは見たくない
パトリシア・ハイスミス『女嫌いのための小品集』―あるときまでは夫の鑑
BBC放送「アブソリュートリー・ファビュラス」女ともだちが大切

著者等紹介

群ようこ[ムレヨウコ]
1954年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業後、いくつかの仕事を経て、本の雑誌社に入社。’84年に『午前零時の玄米パン』でデビュー。退社後エッセイ、小説、評伝などの創作活動に専念
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。