• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
奈良貴族の時代史―長屋王家木簡と北宮王家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584449
  • NDC分類 210.35

内容説明

天武天皇の孫、壬申の乱の功労者高市皇子の子としての出自を誇り、左大臣として政権の中枢にあった長屋王。平城京発掘によりその邸宅跡から出土した膨大な木簡群をもとに、藤原氏との政争に敗れながらも平安時代までしぶとく生き残った長屋王家=北宮王家の日常生活を解明する。

目次

第1章 奈良時代史の舞台平城京(平城遷都;平城京の発掘と長屋王邸宅の発見)
第2章 北宮王家のなりたち(律令体制の成立;長屋王家木簡の謎;北宮王家の「発見」)
第3章 藤原氏の展開(律令貴族藤原氏の成立;藤原氏と家政組織の継承;女性の力;聖武天皇とその皇統)
第4章 北宮王家の試練(長屋王の変;北宮王家の家政運営;北宮王家の経済基盤;下級官人のくらしと比較)
第5章 北宮王家の行方(藤原四子とその後の北宮王家;橘奈良麻呂の乱と王族;女性王族のくらし;弥徳天皇と不破内親王;地方豪族と王臣家)

著者紹介

森公章[モリキミユキ]
1958年生まれ。東京大学文学部卒業後、同大学大学院博士課程単位取得退学。現在、東洋大学文学部教授。専門は日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)