講談社現代新書<br> AI―人工知能のコンセプト

講談社現代新書
AI―人工知能のコンセプト

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 262p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784061489202
  • NDC分類 007.1

内容説明

エキスパート・システム、機械翻訳、知能ロボット…。科学者の遊戯的空間から〈知〉を増幅させて、ビジネスの舞台に躍ら出たAI―。言語の〈ゆらぎ〉〈あいまいさ〉を感知する無謬装置ははたして可能なのか。気鋭の著者が現代思想のなかに錘鉛を下ろした意欲作。

目次

AIとは何か
テクノロジーとエキスパート・システム(意味ネットワーク;あいまいな知識;意味のゆらぎ ほか)
コンピュータはまちがえないか(プログラムのバグ;AIとSDI;迷路の鼠化快楽 ほか)
言語記号をめぐる大論争(サイバースペース;人工言語をつくる;AIを審問する ほか)
現代社会はAIで変わる(バイオ・コンピュータ;生存命題;AIは現代のメタファ ほか)
AI感覚をみがく(近代知の祭壇;AIのパラドックス;コンピュータのポスト・モダン ほか)