歴史群像新書<br> 革命の機動艦隊―天王山!マリアナ沖海戦

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
革命の機動艦隊―天王山!マリアナ沖海戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054037007
  • NDC分類 913.6

内容説明

昭和十七年、日本軍は、“前部完全リフト式”二段空母「赤城」の活躍があったにも関わらず、ガダルカナルからの撤退を余儀なくされた。さらにラバウルまでも失った日本軍は、絶対国防圏崩壊の危地に立たされていた。連合艦隊司令長官・山本五十六は、完成したばかりの機動空母「大鳳」「信濃」、二段空母に改造された「蒼龍」そして「赤城」の四隻を中心とした機動空母艦隊を編制。さらに陸軍の新戦闘機「疾風」を艦載機として使用することを決断する。勢いにのるアメリカ軍のマリアナ侵攻からサイパンを防ぐべく、日本軍は万全の体制を整えて、米太平洋艦隊と激突する。

著者紹介

原俊雄[ハラトシオ]
1964年、大阪生まれ。デビュー作「史上最強の艦隊ミッドウェイからの逆襲」(歴史群像新書)はベストセラーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)