• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国の勇者〈5〉海津城大決戦!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054036277
  • NDC分類 913.6

内容説明

山崎の決戦で大敗した明智光秀は、柴田勝家を担ぎ出して北陸勢を動かし、姉川において羽柴秀吉と激突した。しかし、秀吉の戦略に嵌った北陸勢は見事に粉砕され、北の庄城は陥落し、勝家は自刃に追い込まれる。越前を手中に収め、得意の絶頂となった秀吉であったが、その前に一人の男が巌のように立ちはだかった。真田昌幸である。昌幸は秀吉の留守を狙って長浜城を急襲すると同時に、朽木谷で羽柴軍を迎撃すべく待ち受ける。一方、真田の台頭に脅威を感じた徳川家康は、前田利家、上杉景勝と同盟を結び、三方から真田を攻撃しようと画策する。四面楚歌に陥ったかに見えた真田勢であったが、そこには恐るべき昌幸の深謀が隠されていた。本格戦国シミュレーション。

著者紹介

津野田幸作[ツノダコウサク]
1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、某大学付属病院にて集中治療を専門とする。その間、歴史分野に新しい境地を見い出し、執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)