• ポイントキャンペーン

ワルツ〈中〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 443p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048738705
  • NDC分類 913.6

内容説明

占領下の新宿。特攻くずれの城山龍治は彼を慕う血気にはやる若者に担がれ、城山組をたちあげる。新宿へと流れ着いた生娘・岡崎百合子は伝統ある博徒・館岡組に身を寄せ、その恩義から親分の澤村との結婚を決意。それは館岡組と城山組が一触即発の状況に陥ったために、一目惚れをした城山への想いを断ち切るためでもあった。そのさなか、日夜強姦を繰り返す米兵の魔の手が百合子に。そこに現れたのは、美貌の朝鮮人・林敬元だった。城山、百合子、そして林。運命の歯車はさらに加速していく―。ストーリーテラー花村萬月が紡ぐ波瀾万丈の物語。

著者紹介

花村萬月[ハナムラマンゲツ]
1955年東京生まれ。89年『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。『ブルース』で一躍脚光を浴び、98年『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年大長編「王国記」シリーズの序にあたる「ゲルマニウムの夜」で第119回芥川賞を受賞。人間の本性を抉る作品を描き続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)