• ポイントキャンペーン

医者が泣くということ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048737807
  • NDC分類 490.4

内容説明

聖路加国際病院小児科部長の著者は朝、暗いうちに車を走らせ病院へ。会議、診察、外来、患者家族とのミーティング、「がんの子供を守る会」他様々な仕事が目白押し。でも超多忙の合間を縫って、俳句、スキー、お遍路の旅を愉しむことも―。初心を忘れず、かつ気負わず、医師として見事に生きる日々の記録。

目次

文化の日
凭られても
聖樹据ゑて
ふるさとの
ひとつの雲
子らが描く
ずり落ちさうに
もとどほり
どつさり浅蜊
生キ死ニのはなし〔ほか〕

著者紹介

細谷亮太[ホソヤリョウタ]
1948年、山形県生まれ。東北大学医学部卒業後、聖路加国際病院小児科に勤務。1978年から3年間、小児がんの先端的治療習得のため、テキサス大学MD、アンダーソン病院がん研究所にクリニカルフェローとして赴任する。現在、聖路加国際病院副院長・小児科部長。俳人でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)