• ポイントキャンペーン

ワルツ〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 440p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048735056
  • NDC分類 913.6

内容説明

昭和20年。荒廃した新宿でわずかばかりの金と十箱の煙草で、組事務所の襲撃を請け負った特攻くずれの城山龍治。美貌と性技で女を篭絡し、明晰な頭脳でのしあがろうとする朝鮮人、林敬元。訳あって東京へと流れてきた天涯孤独の生娘・岡崎百合子。過酷な運命に抗いながら、見えない糸で絡まりあっていく三人の壮絶な人生を描破し、現代人が忘れてしまった人間の本性と闘争、そして底知れぬ恋情を謳い上げた昭和スペクタクル小説。

著者紹介

花村萬月[ハナムラマンゲツ]
1955年東京生まれ。89年『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。小社刊行の『ブルース』で一躍脚光を浴び、98年『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年「王国記」シリーズ(2008年現在1~7巻、以下続刊)の序にあたる「ゲルマニウムの夜」で第119回芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)