角川選書
学校にできること―一人称の教育社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034808
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C0337

内容説明

学校教育はどうあるべきか。そして、学校が備えるべき文化とは何か―。長年にわたる教育現場での体験と人権教育の精神。そこから導き出された、子どもを伸ばすさまざまな具体的プランとともに、「力のある学校」のつくり方を提言。学力問題など喫緊の課題にこたえる実践的な学校論から、生きることの意味への問いまで、教育社会学の新たな可能性を切りひらく試み。

目次

1章 学校のどこが問題か―学校文化への視座
2章 どのように学校にアプローチするか―学校社会学の方法
3章 学校はどのように社会とかかわっているか―社会集団と学校
4章 学校はどのように生徒を選抜するか―中等教育論
5章 学校は何を生み出しているか―学力問題
6章 学校はどのように変化しつつあるか―教育改革
7章 学校のあるべき姿を考える―学校づくり

著者等紹介

志水宏吉[シミズコウキチ]
1959年、兵庫県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(教育学博士)。東京大学教育学部助教授を経て、大阪大学大学院人間科学研究科教授。1991~93年英国ウォーリック大学客員研究員。専門は、教育社会学、学校臨床学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。