角川選書
和本の海へ―豊饒の江戸文化

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784047034365
  • NDC分類 022.31
  • Cコード C0395

内容説明

江戸の武士から庶民まで、時代を彩った多彩な生活の場面を、人々の愛用した和本から読み解く。和本のうち、活字になっているものは文学を中心にして1パーセント足らずであり、活字にならなかった多くの本にこそ、江戸に暮らした人々の生活が見えてくる。江戸文化の様々な局面を、動物、賭博、易占、言葉遊び、印譜、春本、武家作法などに関する和本から照射する。豊かな文化を見つめ直すための格好の案内書。

目次

生き物
見立て生花
通俗易占書
博奕
見本帖
言葉遊び
戯作
遊里案内
諸職
食餌
武家作法
人名録
印譜
邦人法帖
書画展観目録
画譜
寿会詩集
狂詩
わ印
写本
自筆稿本

著者等紹介

中野三敏[ナカノミツトシ]
九州大学名誉教授。江戸の小説、戯作研究の第一人者。「新日本古典文学大系」(岩波書店、全一〇〇巻)の編集委員。主著に『戯作研究』(中央公論社、角川源義賞・サントリー学芸賞)、『近世子どもの絵本集』(岩波書店、毎日出版文化賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。